長時間寝ても腰が痛くならない敷布団はあるの?

長時間寝ても腰が痛くならない敷布団

長時間寝ても腰が痛くならない敷布団はあるの?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間寝ても腰が痛くならない敷布団を探して辿り着いた物

長時間寝ても腰が痛くならない敷布団ってどんなものがあるのか?と私が探して辿り着いたのは「雲のやすらぎ」でした。

 

それまでは、疲れてしまうと10時間とか平気で寝てしまう私なのですが、そんな時は決まって起きる時に腰が痛くて痛くてたまりませんでした。

 

だからと言って、いつも通りに起きるにも起きられなくてどうせなら敷布団をこの際に変えようと思い探しました。

 

雲のやすらぎに変えてからは、長時間寝ても腰が軽く感じて目覚めも良くなっています。また、家にはほぼ寝たきりの父がいるのですが同じ雲のやすらぎを買って上げたところ、とても喜んでくれています。

 

同じように身体(特に背中から腰にかけて)が軽くなっていると言っていました。選択は間違っていなかったと一安心できました。

 

そこで、同じように考えている人にも私が雲のやすらぎを購入する時にどこに気を付けたのか?をなるべく分かりやすいようにまとめたいと思います。

雲のやすらぎで長時間寝てもなぜ痛くならないのか?

私が敷布団を探す時に気を付けたポイントは寝心地でした。

 

と言っても、お店で寝転がることが出来ればよいですがネットで購入する場合はそれは出来ません。ですので、その時に何を見れば良いのか?と考えた時に敷布団の中身はどうなっているのだろう?と言うことでした。

 

雲のやすらぎは他社の敷布団と比べてもとても厚みのある敷布団です。中身にはふかふか感が出るような素材(高級羊毛)を使っているのと中のマットレスがしっかりとした構造になっていました。

 

この構造が、寝ている時の体制をしっかりと支えてくれてかつ余計な体重が自分に返ってこないように分散できるとのことでした。公式サイトで言うとこのような状態が出来ると言うことです。

 

睡眠時の体制

 

この点が私としては非常に気になって、「これだけちゃんと分散してくれれば長時間寝ていても背中や腰が痛くなることはないかな」と思えました。

 

あとは、その真偽をどうすればいいかな?と思っていましたが、公式サイトには口コミが多数あったので上から下までくまなく読みました^^;

 

特に気になったのはこの口コミで

 

イメージ的にもっと硬いのかなと思ってまさしたが以外と柔らかい硬めのベッドマットという感じでした。

 

しかし、一晩寝た翌朝には、ここ2、3年痛かった左肩の痛みが嘘のように無くなり、びっくりしました。寝るのが楽しみになり、すぐに女房の分も注目しました。

 

人により、合う合わないはあると思いますが私には最高の寝具です。ありがとう。

 

また、こちらも

 

インターネットでいろいろな布団を比較検討した結果、雲のやすらぎに行き着きました。

 

寝心地は本当に良いですね。ただ、分厚い分、ちょっと重いのが難点ですね。 でもそれを覆す良さがこの布団にはあります。

 

確かに、この厚みだと重さが気になるところでした。でも、私の一番の目的は「長時間寝ても腰が痛くならない敷布団」でしたので、その重さのデメリットを差し引いても良いなと最終的に判断して購入しました。

 

結果、その判断が良かったので全員に当てはまるかどうかは分かりませんが、同じように長時間睡眠にお悩みの方には少し参考にして頂けるのかなと思いまとめました。

 

雲のやすらぎ


ホーム RSS購読 サイトマップ