布団の厚さ

腰痛の人が寝る時の布団の厚さ

布団の厚さ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛に適した布団の厚さ

従来、敷き布団の構造は多重構造です。

 

ポリエステルの中わたにうすい羊毛を巻いてその上から生地をかけただけ、というのが一般的です。ただそれだと、敷き布団としては少々薄過ぎるのと、使っていく内にどんどんとヘタって来てしまい、その敷き布団の厚さは低くなってきてしまう傾向もあります。そこでどういうものを選ぶのが良いか?と言いますと、多重構造で厚みのあるものを選びたいところです。

 

その多重構造の内容としては、まず中綿のふくらみを見て、体にあたる側はふんわりしている方が腰にもやさしく寝やすいです。また、多重構造だと湿気が発散できず布団がムレやすくなりますので、通気性が良いという事も選ぶポイントです。

 

通気性が良いというポイントにおいては【ロレーヌダウン】呼ばれる素材の羊毛が、寝ている時の湿度調整してくれるには適しています。
                              → 布団の通気性の重要性

 

ロレーヌダウン,羊毛

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ