疲れ取る敷布団と睡眠

疲労が取れる睡眠と寝具で変わる睡眠の質

  このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも疲れが取れないのはなぜ?

快眠

 

 

毎日仕事で疲れて帰ってきて、

 

「まだ火曜日なのにこの疲れだと金曜日までもうもたない〜」

 

「こんな時間に帰宅か...すぐご飯食べてお風呂入って寝ても4時間しか寝れないじゃん。これじゃ疲れが取れないよ」

 

と思う方は多いと思います。
でも次の日も仕事にいかなければいけない...

 

出来れば次の日休めないものか、と毎晩思う方も少なくないと思います。
体が絶好調なのは休み明けの1日だけで、後の日は溜まっている疲れとどう騙し騙し働いていくか?を考えます。

 

しかし、常に忙しく帰宅も遅いと言う訳でもなく、沢山ご飯も食べれて睡眠も取れているのに何で疲れが取れない事もあると思います。

 

それは何ででしょうか?

寝ても疲れが取れない原因は複数ある

まず、疲れが取れない原因としては純粋に「本当に疲れてしまっている位1日中動いてきた・頭を使ってきた」。これについては疑問に思う事もなく自分自身でも分かると思います。

 

そして次に、「睡眠の質が実は良くない?」

 

質が悪い原因もいくつもあるのですが、例えば、就寝前にパソコンをずっとしている、スマートフォンを見ている、ゲームをしているなど脳が興奮状態のままになっている場合です。

 

この場合は、思うほど寝付けなくいつまでも浅い眠りのままです。また興奮状態のままだと体の緊張が思うようにほぐれてこなく、体のOn/OFFの切り替えが出来ないままになります。結果、筋肉の疲れが取れないので朝起きると「体がだるいな〜」とか「目覚めが悪いな〜」と体全体のだるさが残る訳です。

 

だから、必死に睡眠時間を多く取ろうとしていませんか?

実は寝具を変えるだけで驚くほど疲れが取れる

疲れを1日で出来るだけ取る為には睡眠の質をいかにあげる事が出来るか?によります。

 

睡眠の質を上げるには、深い眠りへと入っていく事です。でも、深い眠りに入ると言っても、自分で、

 

「今日はしっかりと疲れを取りたいから深い睡眠をしよう」

 

と思って出来る訳ではありません。だからこそ、布団に入ってから自然に深い眠りへと入れる環境が必要な訳です。

 

寝付きが良くぐっすりと睡眠が取れ、寝起きがスッキリと出来れば質の良い睡眠が取れた!と思えるようになります。そうなるには良い環境を作ります。

 

それには寝具を整えてあげる事です。
今なら「雲のやすらぎ」が口コミでも話題で人気ダントツなんです。

 

何と言っても体圧拡散製法で作られた厚みのあるマットレスになっています。これによって寝ている時の体の負担を減らし、適度な寝返りを促してくれる為疲労回復を十分にしてくれる手助けになります。まさに、深い睡眠を手に入れる為の環境に適しています。

 

→ 腰痛に効き疲れが取れる敷布団


ホーム RSS購読 サイトマップ