体が沈まない敷き布団としてなぜ雲のやすらぎが良いのか?

体が沈まない敷き布団

体が沈まない敷き布団としてなぜ雲のやすらぎが良いのか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

就寝中に体が沈まないとなぜ良いのか?

ヘルニアをはじめとする腰痛持ちにとって敷布団選びは重要です。もちろん、腰痛でなくても睡眠が毎日の体のケアにとって非常に大切なことですので、それに関わる敷布団選びは慎重に、かつ自分の体に合うものを選びたい所です。

 

そこで、敷布団選びの際に気をつけるポイントの一つとして、寝ている最中に体が沈み込まないようにすることです。

体が沈み込むといけない理由

この理由としては、腰痛持ちの人なら分かると思います。寝ている時に体が沈み込むと腰がきついというか、くの字に折れ曲がるので腰への負担が大きくなってきます。

 

この体制になると、腰痛ならさらに悪化することになるし、健康な人でも寝ている時の圧迫感、起きた時の体のだるさに繋がってきます。

 

体が折れ曲がり圧迫されることで血流が悪くなりだるさの原因になってきます。また、自然に寝返りができない姿勢にもなっているので、睡眠中は同じ体制が長時間続くことになります。

 

同じ体制が続くと何がいけないのか?というと今お伝えした血流が悪くなることになってくるのです。ですので、寝返りは必要な体の作用ですので、それがしにくくなる敷布団というのは選んではいけません。

 

こうした理由により、体が沈みこまない敷布団を選ぶことが重要だと言えます。

では、体が沈みこまないと判断できるポイントは?

そこで敷布団選びに重要になってくるのが、しっかりと体を支えてくれるポイントです。それはどんな敷布団が良いのか?

 

腰が折れ曲がらないためにも、体全体を支えてくれる構造になっていることがポイントです。そしてその支え方にも注意することがあります。

 

それは、「要所を支えてくれているかどうか」です。イメージとしては点で体を支える感じです。頭、肩、腰、お尻、足がしっかりと支えられているかどうかを見ていきましょう

 

これは、横になった時に体が出ているポイントであり、あとは重さのあるポイント(頭)です。要するに沈み込みやすいポイントです。逆に言えば、ここが支えられていれば体全体を支えrてくれる敷布団とも言えます。

そこで雲のやすらぎはどうなのか?

今説明した観点から見ても、雲のやすらぎはしっかりと作られています。

徹底的に研究されたクロスクラウド製法

雲のやすらぎが良い敷布団と判断できる一つの理由に、独自の体圧を拡散してくれる製法を採用していることです。

 

「クロスクラウド製法」と呼ばれ、腰や背中、お尻への負担を徹底して減らす構造になっています。確かに横になった時に、「肩や腰、お尻がしっかりと支えられているな」と感じました。

 

ゴロゴロとしてもそれは変わらず他の敷布団にはあまりない感覚です。

クロスクラウド製法

 

また、中身のマットにはアルファマットという点で体圧を支えてくれる凹凸のマットレスを採用しています。これは、クッション性にも優れていて、通気性も良いので蒸れにくい構造になっています。

 

横になった時に感じた、「支えてくれている感」はこのマットが上下両面に入っていることから実現しているとされています。

 

この構造だけでも良いなと感じたのですが、雲のやすらぎは他にも「防ダニ対策」もしている点が私は評価できました。もともとダニアレルギー(アレルギーチェックで判明)で睡眠中の咳と鼻炎に悩まされていたこともあり、ちょうどタイムリーな敷布団でした。

 

どうしても完璧には治ることは難しいですが、それでも以前の敷布団の時以下の症状に治まっているので雲のやすらぎのお陰かなと思っています。

 

このようなことを調べて使ってみた結果、体が沈まない敷布団なら雲のやすらぎが良いかなと私は思い購入しました。何か参考になればと思います。

 

 

雲のやすらぎ


ホーム RSS購読 サイトマップ