腰と体のバランスが悪くなる原因

腰と体のバランス

  このエントリーをはてなブックマークに追加

腰と体のバランスが悪くなる原因

通常の布団で寝ている時だと、

 

どうして肩と腰に負担がかかっているか

 

知っていますか?

 

それが腰と体のバランスが悪くなる原因にもなっています。

通常の支持性の無い布団の場合

通常の体を支えてくれない布団の場合だと、まっすぐ仰向けに寝ているとおしりが沈んで体全体がくぼんだりして不安定になり、寝返りをうつとさらに肩や首、腰を圧迫してしまっています。

 

というのも、人間の体と言うのは姿勢を保つために意識していなくても必ずどこかに力が入り、体への負担が多くなってしまっている為です。

 

また、逆に柔らか過ぎても深く沈みこんでしまい、寝ている時に体で一番重みがかかるおしりや胸部が普通よりも沈むので寝返りが出来にくくなります。これによって腰と体のバランスが悪くなる訳です。

 

それと、このバランスが悪い事で通常よりも寝返りが出来にくい環境にもなっているとも言えます。

寝返りが出来ないとどうなる?

寝返りが出来ない環境がどれだけ悪いのか?と言いますと、

 

人間と言うのは睡眠中に小さな寝返りだったり大きな寝返りだったりを繰り返しています。回数にして1晩で10回から40回もの寝返りを打っていると言われます。また、寝返りを打つ事で筋肉の緊張をほぐし疲労を回復させています。

 

寝返りが打てない環境だと、沈み込んでしまったりして肩や腰に負担がかかり筋肉が緊張している状態が続くので、十分に寝返りが打てない事で疲労がしっかりと回復出来ていないのです。

 

ですので、これだけが原因と言う訳ではないですが、十分な睡眠でも疲労が取れない際は、体のバランスが崩れてて寝返りが十分に打ててない事も考えられるので、一度敷き布団の変更を考えた方がよいのかもしれません。

腰と体のバランスを保つ方法

では、体への負担を少なくし腰とのバランスを保つにはどうすればよいでしょうか?

 

それは、寝ている最中の体圧を拡散することにあります。例えば、今、クロスクラウド製法という作り方で作られたマットレス(アルファマット)がありますが、そういう物では体圧を拡散する効果があります。製法上で横と縦で負担を分散させる事でこれは寝ている間の負担を減らしています。

 

普通の布団の場合だと横に繊維が伸びている状態なので沈み込んでしまい支持性が無かったですが、縦に繊維を入れる事で点で支える支持性が加わり沈み込みを少なくし、体の負担を減らしている仕組みです。


ホーム RSS購読 サイトマップ