腰痛はなぜ起きるのか?

腰痛はなぜ起きる?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛はなぜ起きる?

腰痛はなぜ起きる?について説明します。腰痛とはいっても、どこが痛んでいるのか?腰痛の原因などを探っていきます。

腰痛ってどこが傷んでいる?

そもそも、腰痛とは言っても腰骨が痛いのか?筋肉が痛いのか?はたまた神経が痛いのか?というのは様々。

 

まず、腰痛の原因には運動不足からくるもの、姿勢からくるもの、体型からくるもの、ストレスからくるものなどが挙げられます。生活習慣における運動不足や姿勢からくるものであれば自分でも思い当たる節があるでしょうから、自分自身で解決出来るでしょう。

 

しかし、今腰痛になった時にそれほど思い当たる節がない場合(適度な運動もしているし姿勢も気を付けている)、それが体型が原因なのか?ストレスが原因なのか?というのは分かりにくいです。また、痛みは骨なのか?神経なのか?筋肉なのか?というのも、自己判断は難しいです。間違った判断によって、逆に腰に負担がかかってしまう事もあります。

 

なんとか治したいと思うでしょうが、まずは医師の判断を聞いた後に何かしらの対策をしていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ